赤ちゃんの哺乳瓶の疑問をまとめて解説!

子育て真っ最中のママ、ちぃです。
赤ちゃんの哺乳瓶トラブル…嫌がったりうまく吸えなかったりなど意外に多いんですよね。

今回は哺乳瓶の疑問をまとめて解説します!

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる・飲まないけど?

赤ちゃんにミルクや白湯を飲ませたいのに、哺乳瓶を嫌がり全く飲めないということありませんか? 意外と多くのママが経験している悩みでしょう。

赤ちゃん=哺乳瓶のイメージですが、意外と赤ちゃんは哺乳瓶トラブルが多かったりします。 赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由はいくつか考えられます。

  • 母乳との違いがわかるようになった
  • 哺乳瓶の乳首が嫌い
  • ミルクや白湯の温度が適温でない
  • ママのおっぱいによる精神的安定を求めている

このようなことが原因となり、赤ちゃんが哺乳瓶での授乳を嫌がることはよくあります。 対処は、

  • 哺乳瓶の乳首を変えてみる
  • ミルクや白湯の温度を適温にする
  • 中身をしぼった母乳にしてみる

などがあります。

母乳が出る場合には、直接母乳をあげ白湯などは意識的にあげなくてもOK! 哺乳瓶を使わずにストローやマグを使う月齢まで母乳で過ごすのがオススメです。

母乳が出なかったり、ミルクと混合栄養にしたりする場合には、哺乳瓶の乳首を赤ちゃんの好むものに色々試しながら変えてみましょう。

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒

哺乳瓶の消毒は、市販されている赤ちゃんの哺乳瓶専用である消毒液を使いましょう。

とくにノロウイルスなどが流行する時期は、注意が必要です。きちんと消毒液に付け、清潔に保つことが大切です。

消毒液を使用しない場合には、沸騰したお湯を使用する煮沸消毒を行いましょう。

赤ちゃんの哺乳瓶のアレルギー

赤ちゃんが哺乳瓶を使用した後に口の周りに蕁麻疹のような湿疹が出たという報告はあります。これは哺乳瓶の乳首に使われているゴムに対するアレルギーであることがほとんどで、最近ではゴムアレルギーの赤ちゃんのための乳首が売られています。

その他、アレルギーと間違えやすいものとして、消毒液が十分にすすげていなかったり、ミルクのアレルギーであったりする場合があります。

赤ちゃんの哺乳瓶はいつまで?

赤ちゃんの哺乳瓶はいつまで使うものか?
それは赤ちゃん個人個人でかなり差があります。
全く哺乳瓶を使わずに育つ赤ちゃんも多くいます。

母乳を使っている赤ちゃんは、ストローが使えるようになったりコップで上手に飲めるようになったりする
タイミングで徐々に哺乳瓶を卒業していくパターンが多いです。

フォローアップミルクで栄養をとっている赤ちゃんは、離乳食が完了する1歳から1歳半頃までを目安に哺乳瓶を卒業するとよいでしょう。

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ