誰にも言えない!妊娠中の便秘と痔の悩み解決!!

妊娠中の便秘と痔の悩みは実は多くの妊婦さんが経験しています。 デリケートなトラブルのため、恥ずかしくて誰にも言えずに悩むケースも……。

そんな悩みをスッキリと解決しましょう。

妊娠したら突然便秘に!どうして!?

今まで便秘とは無縁だったのに、妊娠したら突然便秘に悩まされたという妊婦さんも多いでしょう。

妊娠中になぜ便秘になってしまうのか…!?それは以下のような原因があげられます。

  • 妊娠すると黄体ホルモンの分泌が活発になり、その影響から大腸のぜん動運動が抑制される
  • 妊娠中は羊水や赤ちゃんの血液を作るために、大量の水分が必要になり水分不足になりやすい
  • つわりや胃の圧迫などで食生活が偏りやすい
  • 赤ちゃんが大きくなってくると、腸が圧迫されて便通が悪くなる
  • 運動不足になりやすい

このような妊娠に伴う身体の変化から、普段便秘をしたことがない女性でも、妊娠をすると便秘になるケースが多いのです。

病院からもらった便秘薬が、日に日に効かなくなる!?

妊娠中に市販の便秘薬を自己判断で服用するのは禁忌(きんき:してはダメ)ですが、 通院している産婦人科で相談すると妊娠中にも安心して使える便秘薬を処方してもらえます。

しかし、最初は効いていた気がするのに、段々薬が効かなくなってきたと感じることもあるでしょう。 これは、元々妊婦に処方されるマグネシウム系の便秘薬が弱いものであるからだと言えるでしょう。 刺激の弱い緩やかに作用する便秘薬であるために、使い始めは効いていた気がしても、段々と効き目が薄い気がしてしまうことはよくあります。

でも、これは効き目がなくなっているわけではありません。 産婦人科で相談をしながら、薬だけに頼らずに食べ物や運動などを工夫することが大切です。

便秘から痔に!妊婦に多い悩み

実は妊婦に多い悩みに便秘と同時に痔もあげられます。

便秘が続いていると、便が常にかたく腸に留まっていて、かたくなった便を押し出そうと力むことで、肛門に圧力がかかり痔になります。 とくに、妊娠中は赤ちゃんが大きくなっていくにつれて腸が圧迫され、直腸まわりの血流が悪くなっています。

そのため、肛門がうっ血しやすくなり、さらに痔になりやすいのです。 便秘になりやすく、痔になりやすい悪循環があると言えます。

このことは産婦人科の医師もきちんと理解をしていますし、多くの妊婦さんが経験していることです。 恥ずかしい気持ちはもちろんありますが、悪化してしまわない早いうちに医師に相談し対応するようにしましょう。

上手に便をコントロールするために…

妊娠中の便コントロールには、食事や運動が大切と一般的に言われていますが、意外と落とし穴なのが水分不足です! 原因にもあげましたが、妊娠中は羊水や赤ちゃんの成長のため、非妊娠時よりもさらに多くの水分が必要になります。

しかし、つわりだったり胃が圧迫されたり食が進まなかったりと水分不足になりがち。 食事や適度な運動を取り入れながら、水分摂取も意識的にするようにしましょう。

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

医療脱毛でおすすめで安いのは?比較と口コミなら「あいおんな」 脱毛サロンでおすすめで安いのは?比較と口コミなら「あいおんな」