脱毛が難しい部位と医療脱毛と脱毛サロンの違い 

今回は、脱毛が難しい部位と医療脱毛と脱毛サロンの違いについて書いていきます。

♥ もくじ - 見たいところを押してね♪ 戻るのは「最初から↑」

脱毛が難しい部位は?

自己処理の難しい部位も脱毛サロンや医療脱毛では、簡単に脱毛できると一般的に言われていますが、顔脱毛は難しい部位と言えます。

鼻下などを含む顔全体の毛は、ほとんど産毛と同じです。 柔らかく細い毛を脱毛するのは効果があらわれにくかったり、回数や時間がかかる、痛みを感じることもあります。 背中などの毛も薄い場合にも、同じことが言えます。

医療脱毛と脱毛サロンの違いは何?

医療脱毛と脱毛サロンの違いは、次のようなものになります。

  • レーザーの強さが違うため脱毛効果に違いがでる
  • 医療脱毛は永久脱毛に近い。それに対して脱毛サロンは減毛
  • 施行免許の有無
  • 金額
  • 脱毛完了までにかかる期間
  • 痛み

脱毛サロンよりも医療脱毛の方がレーザーの出力が強いため、脱毛効果も高く永久脱毛向きと言われています。 痛みはあることが多く1回の料金も高めですが、永久と考えた時にトータルのコスパは逆に良いと言えるでしょう。 医師も常駐しているので医療サポートも受けることができ安心度が高いです。

一方、脱毛サロンでの脱毛はレーザーの出力が弱いため、永久脱毛の効果はなく減毛や一時的な脱毛になります。 痛みは医療脱毛に比べ少なく、脱毛一回にかかるコスパも◎! 医療機関と提携している脱毛サロンはありますが、医師がいないため、その場で医療サポートは期待できません。

脱毛術の研究を行っている日本医学脱毛協会では、「脱毛は病院で行っている、針脱毛・レーザー脱毛が一番効果があります。」と厚生労働省の通知と合わせて発表しています。 脱毛サロンでの脱毛は、90%以上毛の再生がされるので脱毛の意味がないとのこと。

脱毛サロンは基本的に永久脱毛ではなく、一時的な脱毛・減毛との理解も必要でしょう。

東京都内・神奈川県・千葉県・埼玉県在住の脱毛女子に〜
おすすめ記事 : 脱毛女子に人気のアリシアクリニックの魅力はリーズナブルな価格とライトシェアデュエット

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ