≪FAQ≫母乳・砂糖水・オリゴ糖・離乳食で赤ちゃんの便秘解消はできる?

赤ちゃんの便秘解消によいものの情報は様々ありますね。 どれが本当に便秘解消に効くのか、またどんな効果があるのかをママナースのちぃがお答えします。

母乳は?〜ママさん看護師がお答え!

赤ちゃんの便秘に母乳の効果はどのくらい期待できるか気になりますね。 母乳は新生児から6ヶ月くらいまでの消化機能が未熟な赤ちゃんにとって、消化がしやすい優れている栄養です。

一般的にミルクよりも母乳の方が便秘になりにくいとされ、母乳は便秘予防に最適とも言われています。 母乳には、天然のビフィズス菌因子が含まれているので、便が柔らかくなり、消化機能が未熟である赤ちゃんにとって排泄しやすくなり便秘に効果的と考えられています。

しかし、母乳の成分や性質にはお母さんそれぞれの個人差が大きいもの。 母乳はお母さんが摂取した食べ物が元となり作られていることから、油っこい食事であったり甘いものを取りすぎたりなど偏った食生活をしていると母乳の質が落ち、逆に便秘を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

砂糖水は?〜ママさん看護師がお答え!

砂糖水は昔から赤ちゃんの便秘の対処として効果が高いと伝えられていますね。 なぜ砂糖が便秘解消に良いと言われているのかは、砂糖水の浸透圧の高さにあります。 浸透圧が高いことにより、お腹の中にある便を柔らかくしたり腸に良い刺激を与えたりすることで便を出しやすくしてくれます。

オリゴ糖は?〜ママさん看護師がお答え!

オリゴ糖の効果についても、砂糖水と同じ浸透圧が高い原理から便秘解消の効果が期待できます。 また、オリゴ糖には、ビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれる働きもあります。 摂取することで、腸内環境を整えることができ、便秘解消だけではなく便秘予防にも役立つと言えるでしょう。

オリゴ糖の通販ならこちら!
妊娠中・授乳中・赤ちゃんにオリゴ糖は!?(はぐくみオリゴとカイテキオリゴはどっち!?)

離乳食は?〜ママさん看護師がお答え!

離乳食が始まる時期は、赤ちゃんが便秘をしやすくなる第一関門の時期でもあります。 それまでは母乳やミルクのみの栄養で育っていたためうんちが固くなることがなかった赤ちゃんも、 固形の離乳食を食べ進めることによって残渣(ろかのあとに残る不溶物。看護用語的には口内や消化器内にある食べ残り)も 多くなりうんちも固形になり固くなりやすくなります。

離乳食では、便秘に効く食物繊維を豊富に含んだ食材を積極的に取り入れることが重要であり、 食物繊維をバランス良く摂取することで便秘解消に大きな効果が期待できます。 食物繊維を豊富に含む食材は、

  • かぼちゃ
  • さつまいも
  • ブロッコリー
  • ごぼう

など様々なものがあります。 栄養バランスを考えながら、このような食材を毎日取り入れるようにしましょう。

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

医療脱毛でおすすめで安いのは?比較と口コミなら「あいおんな」 脱毛サロンでおすすめで安いのは?比較と口コミなら「あいおんな」