便秘薬の仕組みと上手な使い方!!

頑固な便秘に困り、ついつい便秘薬に頼ってしまう。
「その結果、便秘薬を手放せなくなってしまっている!」というケースは便秘のお悩みでとても多く聞かれます。

今回は便秘薬の仕組みや上手な使い方についてまとめます。

便秘薬ってどんな仕組みで効いているの?

便秘薬には二種類の効き方があります。

ひとつは便を軟らかくして排出させる仕組みの下剤です。 腸壁より浸透圧が高い便秘薬の成分が、服用することで便に水分を与えて軟らかくします。

もうひとつは、腸に刺激を与えて便を排出させる仕組みの下剤です。 効果の強さは、便秘薬に含まれる成分によって異なります。

便秘薬を飲み続けるとどうなる!?

便秘薬を常用し飲み続けることによってどのようなことが起こるのでしょうか? 便秘薬には、

  • 腹痛
  • 便秘の悪化
  • 痙攣(けいれん)
  • 浮腫み(むくみ)

などの副作用があります。 便秘薬を日常的に乱用することによって、このような副作用が著明にあらわれてきます。

便秘薬により、腸に刺激を常に与えている状況であれば、便秘がさらに悪化してしまうこともあります。 腸内環境を整えてくれる善玉菌が減少したり、カラダに必要なカリウムが排出されることもあります。

便秘薬を日常的に服用することで、自らの腸の動きが悪くなり、自力で便を排出する力が弱くなるケースもあります

便秘薬の上手な服用方法は?

便秘薬には様々な種類がありますが、まずは生活習慣の見直しと改善を第一に考えること!が大切です。

その上で、どうしても便秘薬の服用を要する場合には、最初に刺激の弱い、効果が緩やかな便秘薬から服用すること。 そして、便秘薬の服用と合わせてオリゴ糖などを摂取すると、腸への副作用を和らげてくれたり善玉菌を増やしてくれたり、便秘解消を助長してくれたりするのでおすすめです。

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

医療脱毛でおすすめで安いのは?比較と口コミなら「あいおんな」 脱毛サロンでおすすめで安いのは?比較と口コミなら「あいおんな」