産後ダイエットに効果的な酵素ジュース(酵素ドリンク)の作り方

今ダイエットで話題になっている「酵素」。
自然派の酵素ジュースは産後のダイエットにも安心して使うことができます!

今回は自家製酵素ジュースのレシピをご紹介します♪

♥ もくじ - 見たいところを押してね♪ 戻るのは「最初から↑」

まず初めに

酵素ジュースを作るには、果実や野菜などの素材選びから始まります。 自分の好きな果実や野菜、なんでも良いのですが、においの強い素材は避け、無農薬のものだとより良いでしょう。

酵素ジュース作りに慣れるまでは、素材を混ぜずにひとつの素材で作るのがおすすめです!

準備するもの

準備するものは、素材と容器、ガーゼこの三つ! とてもシンプルで挑戦しやすいですよね♪

容器は酵素ジュースの発酵具合いが分かるように透明のものを準備しましょう。 素材と砂糖が入り、かき混ぜる工程があるので大きめのものがおすすめです。

ポイント

手作り酵素ジュースのポイントは、

  • 安全な素材を使う
  • 素材を細かくカットする
  • 素材と砂糖の比率は「1:1.1」
  • よく観察し、かき混ぜる

です。

使う素材は国産の無農薬のものが一番良いのですが、入手が難しい場合は、農薬落としを行いましょう。 素材が浸るくらいのボウルに小さじ1杯の重曹を入れて、素材を1分くらい浸し、その後きれいに水洗いすると農薬落としができます。

国外産のものを使うときは、皮を剥くなどして使うと良いでしょう。

素材は細かくカットするほど発酵が早く進みます。 3~5cm程度に細かくカットすると◎!

そして重要なのが素材と砂糖の比率。

素材: 砂糖は1:1.1の比率が基本です! 砂糖が多いと心配になるかもしれませんが大丈夫。 グラニュー糖がおすすめです。

また、観察とかき混ぜもとても重要です! 毎日必ず観察をし、2回は空気に触れるように素手でかき混ぜましょう。 手にある常在菌が発酵を助けるので、手袋などは着用せず手をきれいに洗って行いましょう。

酵素ジュースレシピ

私のおすすめはりんごとレモンの酵素ジュースと梅の酵素ジュースです! 今回はひとつの素材で作る「梅の酵素ジュース」のレシピをご紹介します。

☆材料

  • 無農薬青梅 1kg
  • 砂糖 1.1kg
  • 透明の容器(今回は果実酒の容器)
  • ガーゼ

☆作り方

  1. 容器を消毒しておく(煮沸、アルコールなど)
  2. 無農薬青梅を水に浸してアクをとる
  3. アクが取れたらひとつずつクッキングペーパーで水気を取り、ヘタを爪楊枝で取る
  4. 無農薬青梅を3cmくらいの角切りにする
  5. 容器に青梅、砂糖、青梅、砂糖と交互になるように入れていく
  6. 蓋をせずにガーゼをかぶせる

これで最初の工程はクリアです。

砂糖が溶けたら、朝晩素手でよくかき混ぜることを毎日忘れずに行いましょう。 通常2週間から1ヶ月ほどで出来上がりますが気候によっても変わってきますので、状態をよく観察して下さい! シュワシュワと泡が出てきて発酵が進んだら完成です♪

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ