ママさん看護師直伝、赤ちゃんの便秘解消法(砂糖水とオリゴ糖編)

ママさん看護師のちぃです。

赤ちゃんの便秘には砂糖水やオリゴ糖が効く!と聞いたことはありませんか? 昔から伝えられている砂糖水とオリゴ糖の便秘解消法についてお話します♪ 自宅で手軽に作れる砂糖水のレシピもご紹介します。

砂糖水とオリゴ糖はなぜ便秘に効くの?

砂糖水やオリゴ糖は、水に比べると浸透圧が高くなっています。 そのため、腸の中で水分が吸収され固くなる便に水分を与え柔らかくする効果があり、便秘解消に繋がるのです。 また、オリゴ糖には腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがあります。

これは、赤ちゃんの便秘の原因のひとつである、腸内環境の変化に良い効果を与えてくれます。 生まれてきた赤ちゃんの腸内には善玉菌しかいませんが、様々な栄養を摂取することによって善玉菌以外の菌も繁殖していきます。 その結果、便秘に繋がるので、オリゴ糖の腸内環境を整える働きは赤ちゃんの便秘解消に大きな効果が期待できます。

オリゴ糖は母乳やミルクにも多く含まれている成分のため、より自然な形で便秘対処ができます。

オリゴ糖を選ぶ時のポイント

オリゴ糖は実はたまねぎやとうもろこし、さとうきびといった野菜や大豆、ミルクなどの食材に含まれています。 離乳食にそれらの食材を取り入れて積極的に摂取することも必要ですが、摂取量が多くないことから市販のオリゴ糖を選択し利用する方も多いでしょう。

おすすめは、小さなつぶになっている顆粒(かりゅう)状や液状のオリゴ糖。 離乳食やヨーグルトなどに混ぜて自然に摂取することができます。 市販のオリゴ糖を選択する場合には、赤ちゃんの月齢に使用可能かどうかをきちんと確認することも大切です。

赤ちゃんにも使える通販で購入できるオリゴ糖はこちらです。

妊娠中、授乳中、赤ちゃんにオリゴ糖は!?(はぐくみオリゴとカイテキオリゴはどっち!?)

どんな風にどのくらい飲ませると良い?

赤ちゃん便秘でオリゴ糖を与える時には、1日1gの量を目安にスタートするのが良いでしょう。

少しずつ与えと様子をみるのが適切です。 スタートから、いきなり多くのオリゴ糖を与えてしまうと、便がゆるくなりすぎたりお腹の不快症状があらわれたりすることがあるので注意しましょう。

1gから始め、効果があまり見られないようであれば少しずつ量を増やしましょう。 量を増やす際には、赤ちゃんの月齢に合った摂取量をきちんと確認し規定量を守りましょう。 飲ませ方は、離乳食の時間に合わせて白湯やヨーグルトなどに混ぜて与えてOKです。

砂糖水作り方

赤ちゃんの便秘に効く砂糖水の濃度は5%!!
濃度が重要になります。
お家でも簡単にできる砂糖水の作り方は以下の通りです。

  1. 湯冷ましとお砂糖を準備
  2. 湯冷まし100ccを哺乳瓶に入れる
  3. 5gのお砂糖を湯冷まし100ccが入った哺乳瓶に入れて混ぜる

砂糖水も飲ませすぎると、下痢になるなどのデメリットがありますので、最初は15~25cc程度の少量から与えましょう。

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ