オールインワン化粧品のメリットとデメリット

最近、話題急上昇中の「オールインワン化粧品」。
手間のかかるスキンケアが一つの化粧品でカバーでき、美肌にも効果が期待できると人気を集めています。

そんな「オールインワン化粧品」のメリットとデメリットについてお話します。

オールインワン化粧品ってどんなもの?

オールインワン化粧品とは、

  • 化粧品
  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム

などの役割を一つで全てカバーする化粧品のことです。
中には上記の役割に加えて化粧下地の役割を含むものもあります。

オールインワン化粧品のメリットは?

洗顔後のスキンケアは、化粧水、乳液、美容液などを重ねて肌に潤いを与えるのが一般的です。 洗顔後のはお肌が乾燥してしまうため、時間との勝負になり、 急いでコットンに化粧水を染み込ませて肌に馴染ませますよね。

しかし、オールインワン化粧品はこの全ての成分を配合して作られているので、面倒な工程がなく時短でスキンケアができます。  それに加えて、ひとつの化粧品だけ購入すればいいため、経済的でコストパフォーマンスが良いというメリットがあげられます。

基礎化粧品で人気でおすすめなブランド一覧10選、安いメーカーは!? | ionna

オールインワン化粧品のデメリットは?

ただし、オールインワン化粧品にもデメリットはあります。

一番大きなデメリットは、やはり化粧水や乳液などそれぞれ単品のスキンケア商品の持つ効果と比べると、 すべての役割を賄っているぶん、効果は劣ってしまうことです。

  • 化粧水は角質層まで水分を届ける
  • 乳液やクリームは、水分が届いたお肌の保護をして潤いを閉じ込める
  • 美容液は効果の高い美容成分をお肌に届ける

このようなそれぞれ単品の持つ効果・力をオールインワン化粧品は全てカバーするものであり、 順番や工程が一つになるのでそれぞれの効果を100パーセント発揮するというのは難しいでしょう。

また単品の場合、お肌の状態や季節などに合わせて、さっぱりに仕上がるもの、しっとりに仕上がるものなどを選ぶことができます。 しかし、オールインワン化粧品の場合、そのような調整がしにくいというのもデメリットとして挙げられます。

このようなデメリットがありながらも、忙しい毎日を過ごす女性にとって楽にスキンケアができるオールインワン化粧品はとても魅力的です。 オールインワン化粧品を主力として、肌状態や気になる季節に合わせて単品のスキンケア商品を取り入れて併用していくのも一つの方法としてオススメです。

オールインワン化粧品や単品のスキンケア化粧品のまとめ記事もよかったらみてくださいね。
基礎化粧品で人気でおすすめなブランド一覧10選、安いメーカーは!? | ionna

この記事がよかったら「いいね!」「シェア♪」をお願いしますヽ(=´▽`=)ノ